麻疹 風疹(MR)2期と同時に推奨される予防接種について

乳児期に接種した予防接種ですが、時間がたつにつれ効果が徐々に落ちてきます。

病気の発症やそれに伴う重大な合併症を防ぐ、また家族内感染を防ぐため、追加接種が推奨されています。
MR2期と同時にできる追加接種についてお話します。わからないことがあればご相談下さい。

 

★当クリニックは年長さんの予防接種も14:00 ~ 15:30の予約外来の時間帯で接種出来ます(一般外来でも大丈夫です)。

期間限定 令和3年3月まで
三種混合+不活化ポリオセット割!

通常価格 17,160円 → 12,000円


①流行性耳下腺炎(おたふく)

日本では 接種率が低くまた1回接種が多いため4年ごとに流行を繰り返しています。

おたふくは、かかると、唾液が出る腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)が腫れます。発熱を伴うこともあります。

 流行期には130万人が、それ以外でも毎年60万以上がおたふくにかかっています。

 

普通のおたふくですむ場合もありますが、50人に1人が髄膜炎に、1,000人に1人が難聴(治りません)になっています。
また脳炎や睾丸炎・卵巣炎などの合併もあります。

 

近年、10歳以上の割合が増加しています。

このため、入学前に2回目の接種をおすすめします。

WHOでは合計2回の接種を推奨しており、現在、先進国ではほとんどが2回接種になっています。

中野区民の場合は未就学児には助成があります。

※中野区の助成についてはこちらをご覧ください。
※問診表は医療機関にあります

予防接種

【おたふくかぜワクチン】 中野区民 3,700円(3/31まで) 他区民は7,700


②百日咳

百日咳はかかると、強く発作の様にでる咳が続いたり、呼吸困難を起こすこともあります。どの年齢でもかかる病気で、小さいお子さんの方が重症になりやすく、死亡例もあります。

乳児期に接種することで、いったん効果が表れますが、5、6歳から効果が落ちてくるため、小学校入学後にかかる人が増えています。

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、家族からの感染を防御する必要もあります。

注射は効果が下がってくる4歳頃からいつでもできますが、MR2期の時期と同時に三種混合でのワクチン接種をお勧めしています。

予防接種

【三種混合ワクチン(DPT)】 6,500円


③ポリオ

ポリオはかかると、手足のまひ・変形を起こし、重大な後遺症を残しますが、有効な治療がなく、予防接種でしか防ぐことができません。

乳児期に接種した、4回の注射でいったん効果が期待できますが、大きくなると徐々に効果が落ちてきます。
就学前に5回目を接種することで、その後も効果が高く維持できるため海外では広く行われています。

予防接種

【イモバックスポリオ ワクチン】 10,660円+税

予防接種 予診票