スポットビジョンスクリーナー

 当クリニックでは1歳6ヶ月健診にて【スポットビジョンスクリーナー】を導入しています。

 

 お子様の目の病気を疑ったことはありませんか?知人・友人から目つきを指摘されたことはありませんか?

 

 小さなお子様は視力が0.2あれば普通に生活しますし、片目がきちんと見えていれば、視力の異常は気づきにくいものです。

 

 【スポットビジョンスクリーナー】は近視・遠視・乱視・斜視、不同視(視力の左右差)や瞳孔不同(瞳孔の左右差)がわかる検査機器です。この検査機器は生後6ヶ月から使用でき、スクリーニング成功率は97%とされています。抱っこされた状態で、ほんの数秒ほどカメラのような検査機器(上の写真参照)を見つめることが出来れば検査終了です。

 

 こどもの弱視は2~5%と言われています。弱視とは、視力の発達期に「見る・見える」という刺激がなくなってしまう為、または両目に同じ画像が映っていない為、片目・両目の視力が低下してしまう病気を言います。

 この状態はこども達の将来に大きな影響を与えます。弱視の治療に最適な時期とされているのは、生後18ヶ月をピークに8歳頃までの、視覚の感受性が高い時期です。4歳までに治療を開始すれば95%、7歳以下だと75%以上が改善するといわれています。治療開始が早ければ早いほど良好な視力を得ることが出来ます。

 そして早く治療をするためには、早く診断することが必要です。

 

 お子様の目に対して・・・

 ●視線が合わない

 ●目の動きが気になる

 ●テレビを近くで見ている

 ●物を見るとき顔をしかめたり傾けたり目を細めたりする

 ●片目をつぶる

 ・・・etc

 気になる点がございましたら、ご相談下さい。